海外出張で急な出費をモビットで借入

アメリカ、シカゴでコンピュターの展示会が開催されていましたが、中止になり5年ぐらい経って再開されました。再開され開催期間まじかになり、事業部長から出張視察の指示がありました。
私の会社では営業、販売店の成績優秀者を、表彰目的でシカゴにツアーを組んでいました。展示会が中止になり海外表彰ツアーも中止してましたが、来年から復活できるか視察しろとの内容です。渡航するまでの日にちがあまりなく、契約旅行社に飛行機、ホテルの予約を依頼し、出張旅費仮払いの申請をしました。仮払いの金額を間違えて急な出費があるのに、手持ち金が少なくなってしまいました。
出張旅費の精算口座である都銀と提携しているモビットの、カードローンを利用することにしました。モビットは会社のパソコンからWEB完結申し込み依頼をし、必要書類を添付、30分も待たず審査結果が届き50万の限度額で、入会手続きが終わりました。
シカゴの展示会は、以前に比べ規模が小さく見るに値しないと報告しました。

このブログ記事について

このページは、pjが2013年3月15日 13:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プロミスでの借金返済の方法は」です。

次のブログ記事は「投資する分のお金借りる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。